マチュピチュ遺跡 インカ道を歩く旅 7日間


イメージ: Machu Picchu With TWB In Foreground Tyler Bell

かつてクスコからインカ帝国中に張り巡らされていたインカ道を歩き、マチュピチュへ向かうコースです。

トレッキングコースとして人気が高いインカ道を1日歩き、マチュピチュへ。
ご自身の足でマチュピチュへ到達したときの達成感は、何にも代えがたいものでしょう。
遺跡の麓の村に1泊し、翌朝の遺跡もお楽しみいただけます。

日数に余裕があれば、ナスカの地上絵やチチカカ湖観光等の追加も可能です。

*インカトレッキングは1日の入山人数が500名に制限されているため、3~4ヶ月前からの手配が必要です。

シーズン

例年12月~3月頃までは雨季になります。(年によって時期は前後することがあります。)
例年は2月の1ヶ月間はインカ道はメンテナンスのため閉鎖され、この間はインカ道トレッキングは出来ません。
(マチュピチュ遺跡の観光は通年可能です)

サンプル日程

1

日本各地発。 午後 成田発  空路、北米経由リマへ。       
深夜 リマ着。 着後、日本語ガイドがお迎えホテルへお送り。
<リマ(空港ホテル)泊>

機内食
2

クスコ(カテドラル)朝、ご自身で空港カウンターへ。 空路にてクスコへ。
着後、日本語ガイドがお迎え。
クスコ市内・近郊遺跡観光
街の中心のアルマス広場・太陽の神殿や、
近郊の遺跡のタンボマチャイ・サクサイワマンなどをご案内。
観光後、ウルバンバ渓谷へお送り。
<ウルバンバ渓谷泊>

朝食

3

インカ道、太陽の門からマチュピチュを望むマチュピチュ遺跡までインカ道をトレッキング
ホテルから駅へお送り 。列車で開始地点へ移動し、トレッキング開始。
約3時間トレッキングし、ウィニャイワイナ遺跡見学。
途中、ランチ休憩。
やがて、マチュピチュの玄関であるインティプンク(太陽の門)が姿を見せます。
眼下に広がるマチュピチュ遺跡の眺めは、疲れを忘れさせてくれることでしょう。
夕方、マチュピチュ遺跡に到着。
遺跡からバスでマチュピチュ村へ移動。
<マチュピチュ村泊>

朝食
昼食
4

マチュピチュ遺跡観光
午後(15~16時頃発)の列車でクスコに戻ります。
着後、ホテルへお送り。
マチュピチュ(日数に余裕があればマチュピチュ村にもう1泊され、
よりじっくりご見学いただくことも可能です)

<クスコ泊>

朝食

5

朝、 日本語ガイドが空港へお送り。空路にてリマへ。
着後、現地係員が市内ホテルへお送り。

リマ(アルマス広場)午後、自由行動   
※オプション:リマ市内観光
  
(ご出発までホテルのお部屋をご利用いただけます)

夜、現地係員が空港までお送り。 深夜 リマ発 帰国の途へ
<機内泊>

朝食

6

北米都市にて乗継。
<機内泊>

機内食
7

午後 成田着  国内各地へ。 お疲れ様でした。

お問合せ(無料)

この旅程はオーダーメイド旅行のモデルコースです。自在にアレンジでき、日本各地から出発可能です。代金は出発日や人数などによって変わりますので、無料でお見積致します。お気軽にお問合せください。
初めての方へ(ご利用ガイド)
LINEat_icon_basic_ALINEで相談


※2営業日以内に返信致します(土日祝・年末年始休)※旅程全体を一括した見積となり、航空券、ホテルなどの個別の金額は案内しておりません。※出発3週間以内の場合は提案できないことがあります。※フォームから送れない場合は miyama(at)webtravel.jp へお問合せください。

ご氏名 必須 お問合せは旅行をお申込になるご本人様からお願いします。
性別 必須 男性女性
年齢
メールアドレス 必須 日程表等のPDFファイルをご覧になれるアドレスをお願いします。
ご旅行タイトル 必須
ご出発・ご帰着予定日 必須 未定の場合はおよそでも構いません。
ご希望日で手配できない場合は? 必須
前後の日で提案をご希望の場合、変更可能な日の範囲
ご出発地 必須
その他(日本国内)と海外を選択の場合は「ご希望内容」にて出発地をお知らせください。
大人人数 必須
子供人数 ご出発時点で満2歳以上12歳未満
幼児人数 ご出発時点で満2歳未満
 
ご希望内容 必須
大人お一人様あたりご予算上限 必須 万円
最も優先したいものは? 必須
ご旅行の形態は? 必須
他社等で希望に近いプランがありますか?
最後にご記入内容をご確認の上、よろしければチェックしてください。

もし内容確認メールが届かない場合には、「迷惑メール」などもご確認ください。
ご不明な場合は miyama@webtravel.jp までお問合せください。


関連モデルコース

国情報