アルゼンチン側イグアスの滝「悪魔の喉笛」遊歩道は12/22オープン


6月の大雨で流されて通行止めになっていた、アルゼンチンのイグアス国立公園の「悪魔の喉笛」への遊歩道が、12/22に再オープンすると決まりました。

情報は国立公園の公式Facebookページで18日に伝えられました。
この写真の橋が増水で流されてしまい、今回復旧されました。
この道は園内トロッコ列車の駅から「悪魔の喉笛」の展望台へ通じています。
橋の下を流れる川は普段は穏やかですが、増水時には暴れて橋を持っていってしまうのですから、自然の力は恐ろしいですね。

当日、現地では観光大臣も出席して、朝8:30からセレモニーが行われます。
イグアス観光の最大のハイライトが、現地の夏の旅行シーズンを前に、およそ半年ぶりに復活します。