南米で英語は通じますか?


南米の主要言語はポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(その他の国々)です。
英語は通じる人も徐々に多くなってきてはいますが、あいにく一般的ではないとお考えください。
航空会社や空港では英語が通じます。 また観光案内所や旅行会社、外国人が多いホテルやレストラン、 ビジネスマンや医師等には通じることもあります。
ただタクシーやバス、商店など、一般の人に英語が通じることは少ないです。

英語や日本語ガイドが付く旅なら、 どうしても現地語を使わなければならない場面は多くありませんので、 さほど困らないとは思います。
ただ簡単な挨拶くらいでも話せると、 現地の人との交流も楽しめますので、チャレンジされてはいかがでしょうか。