米国ESTAとは何ですか?


日本と中南米への行き来などで米国で飛行機を乗継ぐ場合、 米国ビザをお持ちでない日本国籍の方は、事前に電子渡航認証(ESTA エスタ)を取得することが義務付けられています。

ESTAとは

ビザ免除で米国へ渡航する方に、事前にインターネットからの情報登録を義務付け、入国条件や保安上のリスクなどをチェックするシステムです。
ESTA導入に伴い、従来の紙の入国カードは廃止されています。

ESTAが必要な方

ビザ免除プログラム(VWP)参加国(日本など38ヶ国)の国籍の方が、短期の観光目的で米国へ入国する場合にESTA取得が必要です。
米国の空港で飛行機を乗換えるだけでもESTAが必要です。
それ以外の目的で米国へ入国される方は、目的に応じたビザを取得する必要があり、ESTAは不要です。

例外として以下の方はビザ免除プログラムの対象外となり、米国渡航にビザが必要ですので、ESTAは不要です。

  • 2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある
    (ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、限られた例外有り)
  • 上記のいずれかの国籍を有する二重国籍者

ESTA申請の方法・費用

ESTAはESTA公式サイト https://esta.cbp.dhs.gov/esta/から申請します。
ESTAは米国渡航前であれば、いつでも申請ができます。具体的な渡航日程が決まっていなくてもできますので、ご旅行の予定がある方はできるだけお早めにお手続きをお勧めします。
万一、認証が拒否された場合には米国ビザ取得が必要となり、手続に日数がかかります。
ESTA取得費としてお一人様14米ドルが必要となり、サイト上にてクレジットカードまたはデビットカードでのお支払となります。

有効期限

ESTAの有効期限は認証から2年間です(当局から取り消された場合を除く)。その前にパスポートの有効期限が切れる場合は、有効期限日をもって認証は無効になります。
有効なESTAをお持ちであれば、渡航の度に申請の必要はありません。

パスポートのご確認を

パスポートが「機械読み取り式」でない場合も、米国のビザが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。
外務省【米国へ渡航(入国及び通過)予定の方へ(重要なお知らせ!)】

※上記は全て日本国籍の方の場合です。他国籍の方は自国や渡航国大使館等にてご確認ください。