イメージ: モコナの滝

全長3km!すべてを飲み込む「モコナの滝」


アルゼンチン・ブラジル国境にあるモコナの滝は、長さが3㎞、世界でも珍しい「川の流れに平行」に続く滝です。
普通、滝というのは川の流れに対して直角方向にありますが、モコナの滝は川に平行する、不思議な滝なのです。

Saltos de Mocona
Saltos de Mocona | Rachel Hugh

ウルグアイ川の流れに沿って、延々と滝が続いています。
この全体を総称してモコナの滝と呼ばれています。
ちなみにブラジル側ではYucuma滝と呼ばれます。

なぜ、川に沿って滝があるのでしょうか?
それは川の流れに沿って、あたかも渓谷のような長い段差があり、そこから落ちる水が滝になっているのです。

上空から撮影された珍しい映像で地形がよくわかります。

Sobrevuelo Saltos del Mocona – YouTube : aeromil

モコナの滝の落差、つまり水面上に現れる滝の高さは
ウルグアイ川の水位によって変わり、一定ではありません。
川の水位が下がると、相対的に落差は高くなり、高いときは10m以上になります。
逆に川が増水して水位が上がると、落差は低くなり、ついには滝が姿を消してしまうこともあります。
特に見やすい月などはなく、その日の水位次第だそうです。

ボートツアーで滝を見に行きます。
saltosdelmocona23

川を遡ること数分、岸辺にいくつも滝が現れ始めます。
saltosdelmocona1

その数は徐々に増え、たくさんの滝が目の前を横切り、走っても走っても滝が続きます。
saltosdelmocona7

滝は激しさを増していき、体に水しぶきがかかり、轟音で話し声もかき消されます。
saltosdelmocona29

モコナとは先住民族グアラニーの言葉で「すべてを飲み込むもの」の意味、その名の通りの迫力です。
saltosdelmocona11-1

saltosdelmocona20

●モコナの滝が見やすくなる

モコナの滝は川が増水すると消えてしまうため、見るのが難しいと言われてきましたが、今年(2017年)からは変わりそうです。
滝が見えにくかった原因の一つは、上流80㎞にあるブラジルの水力発電所にありました。
2013年の発電所操業以来、ダムの放水によって川が増水し、滝が見えない日が増えていたのです。
観光や環境への影響が大きいため問題となり、ブラジル当局は、2017年1月23日から発電所の放水を夜のみとする決定を下しました。
そのため今後は増水が減って滝が現れやすくなり、かつ迫力も一層増すと予想され、楽しみです。

●滝だけではない楽しみ方

モコナの滝の周りはまだあまり観光化されておらず、自然もたくさん残っています。
この地方独特の景観といえば、赤土と、鬱蒼とした緑のセルバ(ジャングル)。
州立公園までの道路にいくつもあるビューポイントからは、どこまでも広がるセルバを見渡せます。
IMG_1246-1

IMG_1307

IMG_1262

州立公園の周辺には、自然の中のロッジなど、個性的な宿泊施設がいくつもあり、快適な滞在が楽しめます。
近くには大きな町がないため夜空が暗く、晴れた日は星空も見事でした!
カヤックやトレッキングなどのアクティビティも楽しめます。

IMG_1270

IMG_1193

IMG_1215-1

●モコナの滝への行き方

ブエノスアイレスから国内線でプエルトイグアス、またはポサダス空港へ。ここから陸路で約300~320km、ミショネス州のモコナ州立公園へ。車でのアクセスが一般的です。
公園の通常の開園時間は9-17時。滝を見るボートツアーは1回15分で随時出発していますが、当日の川の水位によっては公園は閉園になります。

●イグアスの滝とのコンビネーションも

モコナの滝は、あの有名なイグアスの滝からは車で4~5時間の距離です。
滝の規模はもちろんイグアスの方が大きいですが、川沿いに続く滝の長さは、モコナの滝が上です。
そして何よりも、大観光地のイグアスに対し、モコナは静かで、田舎の素朴な雰囲気が残っています。

滝好きの方、冒険好きの方、そして人とは一味違う旅をしたい方は、
南米旅行の行先に、モコナの滝も加えてはいかがでしょうか。

Saltos del Mocona
Saltos del Mocona | Large river runs into a fault line that … | Rachel Hugh


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です