イメージ: ペリトモレノ氷河

アルゼンチン基本情報


欧州からの移民が新大陸に作り上げた「南米のヨーロッパ」。
国土は南米で2番目に広く、ジャングルから氷河まで、大西洋の海岸リゾートからアンデス山脈まで、あらゆる自然を楽しめます。
首都ブエノスアイレスは南米の文化の中心地の一つ。有名なタンゴをはじめとする各種ライブやコンサート、ギャラリーなど様々な催しがあり、人々はワイン片手に夜遅くまで語りあい、街は眠りません。

◆国名   アルゼンチン共和国
◆首都   ブエノスアイレス
◆言語   スペイン語(公用語)
◆宗教   キリスト教(ローマ カトリックが国教 国民の85%が信者)
◆気候帯 大部分が温帯に属する。北部は亜熱帯、南部は寒帯も存在する。

◆日本からの行き方 
玄関口であるブエノスアイレス空港へは日本からの直行便は無い。
まず北米や中東、欧州の都市へ行き、ブエノスアイレス行きに乗り継ぐのが一般的。
北米乗り継ぎの場合、成田を午後に出発すると、現地時間翌日午前にブエノスアイレスに到着する。

◆時差
日本との時差は-12時間。アルゼンチンの方が遅れている。

◆通貨
アルゼンチンペソ ARGENTINIAN PESO (ARS)
補助通貨 センターボ = CENTAVO/S 100センターボ = 1アルゼンチンペソ

◆観光査証要否・旅券残存有効期間 (日本国籍の方)
観光査証 不要: 3ヶ月以内の観光は査証不要。
備考: 無査証の場合、往復予約済航空券、または次の訪問国への航空券が必要。
旅券残存有効期間 帰国時まで有効なもの。

◆予防接種証明書要否
コレラ:不要
黄熱:黄熱汚染地区に滞在または通過後6日以内に入国・入境する場合、予防接種証明書が必要

●主な見どころ

*首都ブエノスアイレス

*パタゴニア、ロス・グラシアレス国立公園 《世界遺産》

*イグアス国立公園 《世界遺産》

*リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス(手の洞窟) 《世界遺産》

*バルデス半島 《世界遺産》

*イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群
《世界遺産》

*コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス
《世界遺産》

*ケブラーダ・デ・ウマワーカ 《世界遺産》

アルゼンチンを含むモデルコース

レンソイス大砂丘とイグアスの滝 9日間

ブラジルが誇る大自然、レンソイス大砂丘とイグアスの滝を最短で訪ねるコースです。 「レンソイス」とはポルトガル語で「シーツ」を意味し、広大な砂丘が白いシーツのように広がることから名付けられました。 大西洋岸に広がる砂丘の面積は実に約15.5万Ha。(東京都区部の約2.5倍) 例年6月から9月末頃までは、雨季に降った水が砂から湧き出し、砂漠の中に無数の湖が出現。白い砂漠と青い湖のコン...

イグアスの滝とペリトモレノ氷河 10日間

イグアスの滝とペリトモレノ氷河を周るコースです。イグアスでは、眺めの異なるブラジル側とアルゼンチン側、両側から大迫力の滝をご覧いただき、迫力のボートツアーでも文字通り全身で自然を体感。ペリトモレノ氷河では、氷河を間近からご覧いただき、オプションで水上から接近するボートツアーや、氷の上を歩くミニトレック(年齢制限あり)も可能です。...

イグアスの滝とマチュピチュ遺跡、ウユニ塩湖 13日間

南米で人気の絶景を一気に周る、よくばりなコースです。イグアスでは両側からしっかり観光、高地ではまず最初に比較的標高の低いマチュピチュ村に泊まるなど、高山病にも配慮しました。...

ペリトモレノ氷河とパイネ国立公園9日間

南米大陸の南の果てに広がるパタゴニア地方を巡る旅です。ペリトモレノ氷河とパイネ国立公園を訪れます。雪山や氷河、荒野など、最果ての地の風景が心に残る旅になるでしょう。...

アルゼンチン「雲の列車」と大塩湖、ウマワカ渓谷9日間

アルゼンチン北部のサルタ州・フフイ州を訪れるコースです。 ボリビアとの国境に近いこの地域は、ヨーロッパの香り薫る首都ブエノスアイレスとは違う独自の文化があり、地元の人々によって守られてきました。 首都ブエノスアイレスからサルタへ飛び、ループ線やスイッチバックを経て標高4,200mに至る「雲の列車」で、アンデスの車窓の旅を満喫。 そしてサリーナス・グランデス(大塩湖)も観光します。 世界遺産...

バルデス半島とペリトモレノ氷河・ウシュアイア 12日間

「動物の楽園」世界遺産のバルデス半島とペリトモレノ氷河、そして「世界最南端の街」ウシュアイアを訪れます。アルゼンチン・パタゴニアの自然と動物と出会うコースです。 ...

リオデジャネイロ・イグアスの滝とマチュピチュ遺跡 10日間

リオデジャネイロ、イグアスの滝、マチュピチュ遺跡を周るコースです。イグアスでは、眺めの異なるブラジル側とアルゼンチン側、両側から大迫力の滝をご覧いただき、迫力のボートツアーでも文字通り全身で自然を体感。マチュピチュでは高山病対策を考慮した行程です。...

イグアスの滝とマチュピチュ遺跡 9日間

イグアスの滝、マチュピチュ遺跡を周るコースです。イグアスでは、眺めの異なるブラジル側とアルゼンチン側、両側から大迫力の滝をご覧いただき、迫力のボートツアーでも文字通り全身で自然を体感。マチュピチュでは高山病対策を考慮した行程です。 ...

アルゼンチンに関する記事

全長3000m!すべてを飲み込む「モコナの滝」

アルゼンチン・ブラジル国境にあるモコナの滝は、世界でも珍しい「川の流れに平行」に続く滝です。 普通、滝というのは川の流れに対して直角方向にありますが、モコナの滝は川に平行する、不思議な滝なのです。 「川の流れに平行」に3km続く滝 https://www.flickr.com/photos/86338173@N00/154894933 Saltos del Mocona | Lar...

ペリトモレノ氷河

ペリトモレノ氷河で大きな崩落が発生

アルゼンチンのペリトモレノ氷河で、2016年3月10日午前10時55分(現地時間)、大きな崩落がありました。 崩落したのは、氷河の先端が迫り出して橋のようになった部分です。 大音響とともに「橋」が完全に崩れ落ち、居合わせた観光客からは歓声が上がりました。 https://www.youtube.com/watch?v=WIBjBbS7oYc ペリトモレノ氷河はアルヘンティーノ湖に面...

イグアスの滝「悪魔の喉笛」遊歩道がオープン

先日お伝えのとおり、6月の大雨で流されて通行止めになっていた、アルゼンチンのイグアス国立公園の「悪魔の喉笛」への遊歩道が、予定通り12/22にオープンしました。 22日、観光大臣や国立公園の関係者らが出席して現地でセレモニーが行われ、再開を祝いました。 http://misionesonline.net/2014/12/22/cataratas-del-iguazu-desde-hoy...

アルゼンチン側イグアスの滝「悪魔の喉笛」遊歩道は12/22オープン

6月の大雨で流されて通行止めになっていた、アルゼンチンのイグアス国立公園の「悪魔の喉笛」への遊歩道が、12/22に再オープンすると決まりました。 情報は国立公園の公式Facebookページで18日に伝えられました。 この写真の橋が増水で流されてしまい、今回復旧されました。 この道は園内トロッコ列車の駅から「悪魔の喉笛」の展望台へ通じています。 橋の下を流れる川は普段は穏やかですが、増水...

アルゼンチン「世界で2番目に美しい書店」で過ごす休日

アルゼンチンのブエノスアイレスで以前から行きたかったのが、「El Ateneo Grand Splendid」。 英国ガーディアン紙が選んだ「世界で最も美しい10の書店」ランキングで、オランダの店に次いで世界2位に選ばれた書店です。 店に入ると、そこはとても本屋さんとは思えない空間でした。 https://www.flickr.com/photos/miyamajp/1568054125...

ペリトモレノ氷河を2倍楽しむミニトレッキング

パタゴニアを代表する見どころ、ペリトモレノ氷河。 ここでぜひ体験したいのが、氷河の上を歩くミニトレッキングツアー。 氷河をただ見るだけでなく、歩いて触って体験できます。 朝にカラファテのホテルを出発、まずバスで国立公園の船着場へ。 約20分間の乗船で入り江を渡ります。 https://www.flickr.com/photos/miyamajp/15632410656/in/set-...

イグアスの滝の状況

イグアスの滝では2014年6月に上流域での大雨のために増水した影響で、アルゼンチン側国立公園の「悪魔ののど笛」へ通じる遊歩道が閉鎖中です。 ただ既に天候は回復し、「悪魔ののど笛」遊歩道以外のアルゼンチン側国立公園と、ブラジル側国立公園は全てオープンしており、観光できます。 ご存知の通り滝は2カ国にまたがり、両方からご覧になれるのですが、ブラジル側はアルゼンチン側よりもワイドな展望が特徴です。 ...